保育士おすすめ転職サイトの決定版!【転職.jp 保育士】

保育士転職サイトおすすめ比較ランキングTOP5

保育士転職の選考過程と適性検査について

何段階かの選考の一つとして、保育士の転職活動時には適性検査があります。適性検査の結果を踏まえながら、採用面接やグループディスカッション、書類選考などを経なければ採用には至ることはありません。適性検査の結果は、それ以降の試験との齟齬が起きないようにしましょう。多くの人が詰めかけるような人気の会社では、最終的には恐ろしいほどの倍率になっています。適性検査では沈思黙考型でまず人の話をよく聞くと出たにもかかわらず、実際は口数が多く聞くよりまず話すタイプだったとします。

おそらく本来は自分の意見を主張するタイプなのにも関らず、就職の適性検査ではその逆のタイプと判断されたと考えられます。面談や対面時の印象と適性検査の結果に大幅な違いがある人は、就職試験に不利になることがあります。そういう人は、適性検査とエントリーシートとのつじつまが合わず、会社からするとどんな人物が見えにくいためです。結果的に採用可能性が遠ざかり、就職活動がうまくいかない原因になってしまいます。適性検査の結果やエントリーシートの自己アピールの内容を一致させる事が、書類審査通過の為にはとても重要になります。

人気保育園の内定を勝ち取る為には、適性検査の結果をチェックし適性検査から面接での自己アピールまでの各過程で一貫性をもったものにしましょう。適性検査の内容、面接の態度、エントリーシート、それらの整合性を合わせるだけでも内定率を高めることが可能です。ネット上で無料で受けられる適性検査もありますので、まずは自分の適性をしっかり把握しましょう。

ランキングページへ戻る

掲載保育士転職会社リスト
  • 保育士ワーカー
  • ヒトシア保育
  • 保育士バンク
  • 保育士人材バンク
  • ミラクス保育